包茎手術体験談!費用10万術後の痛みと1ヶ月の禁欲後のセックス効果

男性機能向上!?包茎施術とは・・・

 

一般的に男性器の包茎は種類があり、主に3種類、真性包茎、カントン包茎、仮性包茎。

真性包茎、かんとん包茎はセックス、つまりは生殖に影響して激しい痛みを伴いますので

手術を施したときには保険治療を行えます。
しかし、男性に最も多い仮性包茎は、通常時は亀頭は包皮にかぶさり、勃起時には何とか皮がむけるという事です。
私は仮性包茎の経験があります。
セックスをするときには包皮をむき、女性器入れると大変なことが起きます。

普段は優しい包皮に覆われていますから、いざセックスすると快感がダイレクトに刺激し、早漏の原因です。
フェラチオでも早漏になりますから、入れて3分と持たないのです。

もっとセックスを楽しみたい気持ちから一大決心「包茎手術」をすることにしました。

まずリサーチから始めますが、問題が起きます。
泌尿器科で包茎手術はできますが、あくまで医学的に切除しましので感染症やミスのリスクは少ないですが、見た目がどうか気になります。
続いては料金です。
保険手術が利きませんのですべて実費になります。
美容整形外科では医療ローンが利きます。
仕上がり、カウンセリング、メンズスタッフ、プライバシー、専門分野(経験値)などからメンズ美容整形外科を選択しました。
特に名前の知れた美容整形は、オプションに、亀頭増大注射、麻酔事前無痛麻酔、カリ首直下術(2トーカラー防止)など、最初は安くうたい、集客したらオプションを勧める、少し悪徳な美容整形外科でした。

普通に注射による麻酔。
5本ほど打たれました。
もちろん最初の1~2本はペニスに注射針ですからチクリが痛いです。
その後部分麻酔が利き、レーザーによる切除です。
ジジジジと音とたんぱく質が焼ける人間の肌が焦げる臭い、痛みはないものの針を刺す感覚や糸が通る感覚はわかります。
麻酔が切れかけ、だんだん針のさす感覚が痛み出しました。
問題はその後です。
覚悟してください。
5時間は相当痛いです。
痛みにもがき苦しみます!!
鎮痛剤や化膿止め薬はもらえますが痛みはその薬の効果をはるかに超えジンジンジンと痛みが伴います。
歩けない程です。

続いて2日少しは痛みが軽減しました。
でも痛いです。
確か数日はお風呂に入れませんのでお風呂に入らないで消毒だけを施しました。
問題は性行為一か月禁止です。
しかし、男にとって禁欲はつらくなります。
我慢ができなく、エッチな動画を見ると大変です。

勃起=激痛です。
ようやく1か月が過ぎ禁欲解消です。
まずは一人でしようかと思いましたが刺激の場所が大きく変わりました、包茎時は竿を中心としたオナニーでしたが、手術後は裏筋のみの刺激です。
セックスは確かに早漏解消されました。
美女とセックスをしても、エロ女とセックスしても女を2~3回挿入中でイカせてコントロールができました。
しかしフェラチオの快感は減ります。まとめてみると・・・

1費用が最低でも10万円前後必要

2手術後の痛み「1日地獄」に耐えられるか

3一か月間の禁欲に耐えられるか

4オナニーやフェラチオは仮性の方が快感

この1~4を踏まえ検討してみてください。

早漏より遅漏克服は難しい?原因と改善策

早漏より遅漏の方が難しい・・・

性欲に左右されず性的興奮がたかまると早漏になります。

理由は4つ、異性の肌(接触)、異性の身体(視覚)、声(喘ぎ声など)3拍子揃えば勝手に興奮しますが、残りの1つ経験値の少なさです。

女性経験人数を自慢する人がいますが、例えば、人前に話すのが苦手でも繰り返すことにより緊張しなくなり、しまいには、笑いを取ることもできるようになります。

触覚、視覚、聴覚で性的興奮し、経験値でコントロールできるようになります。

早漏を克服するとすれば、自分に意識せず、女性に奉仕することを一番に考えることです。

女性をいかに快感に結びつければ、次回も快く受けいれてくれるし、早漏も克服できます。

しっかり愛撫して女性の性器をあふれるばかり濡らして、ピストンするより優しく動かすことです。

ピストンはサルと同じ射精を目的としたものですので、「出る」のも早いです。

 

しっかりイカすことができれば、その後に射精を楽しむことができるという事です。

 

遅漏の克服は難しい!?

経験値の多さで興奮も鈍くなります。

裸をみても、触られても、触っても、フェラされても勃つものの射精できません。

身体的な衰えや病気、更年期障害や精神的な疾患もそうです。

なかなかイケなくなります。

一番有効なのは禁欲1週間で、一か月は最低セックスしないことです。

風俗もNGです。

泡姫はプロの接客にたけていますが、心までは売り物にしません。

こころがない精神的な満足がしませんのでセックスに完全燃焼できないことから遅漏は克服できません。

パートナーと一か月間は間隔を開け、最低でも一週間は禁欲して、性欲エネルギーのピークでセックスしましょう。

 

 

出会い系サイト攻略法!失敗の連続から数十人の女性と関係を持つまでの事

出会い系サイトでモノにする・・・

 

出会い系サイトで数十人と関係を持ちましたが、失敗の連続でした。
そこで苦労して遠回りする事はありませんのでここで私なりの攻略法を伝授いたします。

 

と言っても?ある基準をクリアすることが先の話です。

健康的で、精神的に安定していますか?どうしても不安定な人とお付き合いできません。

悩みを少しでも解決に努力している人、歳をとれば基礎代謝が悪くなり体に締まりがなくなります。
その締まりを日々トレーニングしている人です。

服のセンスが悪ければ、顔が良くても残念になります。
あのデビットベッカムも洋服の趣味が悪く奥様にチョイスしてもらっているのは有名です。
ベッカムがクタウタのジャージでよれよれのTシャツをつていたらどうでしょう?言うまでもありません。

ある一定の基準と言えば、精神的に安定していて、健康的で清潔は勿論、体形を意識(改善または維持)して服のセンスはおしゃれが望ましいということです。
パーフェクトでなくても良いですので、それぞれ5段階中3以上になる事を目標にしてください。

 

相手を知りたいがサイト内では情報が少ない問題

特にプロフはサイト側が用意した項目に沿って作りますが、実際会うとなると地雷は踏みたくないと思うはずです。
身体全体の写真もないし、顔すら、趣味など満足に記載されていない相手には、サグリをいれます。
サグリといってもメールなんかしません。
第一に足跡をつけ反応を見るのは当然ですが、サイト内の日記を見ます。

つまり日記がブログとなり、人間性、趣味、性格など日記を見て判断しています。
その証拠に、試しに女子が喜ぶキーワード。たとえば、「○○へスイーツとお茶してきました~」なんて写真付きで入れてみてください。

あなたのプロフィールを異性がみたら足跡つきますが、特に男性であれが一日にどれだけつくでしょうか?

顔写真をしっかり乗せていれば別ですが、ほとんど足跡つきません。
それに比べて日記を書くと、すごい反響で特にインスタの流れから写真をアップすると注目がすごいです。

気軽にコメントも入れてきます。
それを繰り返してください。
日記投稿はお金がかかりません。
毎日アップしても大丈夫です。

鼻の下を伸ばしながら相手のプロフを見る暇があれば日記投稿を毎日しましょう。
もちろんつまらない内容はNGです。

愚痴や、汚い不潔なことは避けるべきです。
特に、昔の失恋を詩人になったつもりで投稿することも「ずーと待っていましたが、待ち合わせ場所に、現れませんでした・・・・」そんな切ない内容で入れると慰めコメントがたくさんきます。

それも自分に注目させる手段です。
私は日記を毎日投稿し、コメントしてきた相手にはコメント返しをしてどんどんどんどん広がってきました。
確率の問題ですから、他にも掲示板を毎日更新したり要は目立てばよいとおもいます。

男女とも「遺伝子レベルで不倫する可能性がある」という

強い遺伝子を将来に残すため欲求として特定のパートナーのみならず他の異性に手を出してしまう欲求。
多くの男女は願望があっても一線を超えない理性で躊躇していると思います。

しかし、どうしても日ごろからのストレス、パートナーに対する不満など、現実逃避したいときに、禁断の愛を求めます。

生活感のない女性、健康的なスマートでさわやかな男性に抱かれたいものです。
「火遊び」と言う人も多いですが、火事になる前に消すとなると火の延焼範囲が広ければ広いほど消火活動が難しい。

火事にしていけないためにも、「割り切り」「昼顔」などと自らを正当化します。
限られた時間、場所でお互い「性」を楽しみ、

決して結ばれることのない距離間を保ち、つかず離れずします。
しかし、不倫は難しいのが現実です。男性は目的がはっきりしている場合が多く、お泊りデート、飲み相手、都合の良いときにセックスできるお相手など、その男性に対し、女性は多角的に欲求を満たせる男性を求めます。

愚痴をきいてくれる人、子育てや仕事の相談、ランチだけご一緒したい、セックスよりも少女漫画のようなトキメキ合う関係などプラトニックの要素が強いのも女性。
そんな中価値観や目的が違うとお互いヅレが生じて結局別れを経験します。

しかし、40代から、ホルモンの分泌の関係か、目的意識も充実し「火遊び」から「花火」のように目的がはっきりしてきます。

セックスフレンドは性の欲求不満のみを解消するべくお互いを満たし合いホテルで始まり、ホテルで終わる。
そんな関係性も年齢別で大きく分かれるのも一つです。
パートナー以外で性的欲求を満たしたいのはわかりますが、殆どのパートナーはその行動に気づくことは間違えないようです。
遺伝子レベルでは、特定の性以外で性的関係を持ちたい遺伝子は、男性は約60%。女性は約40%ということから、男性の性的思考か、行動力の関係か、悪さをするのは男性の方が多いということです。