出会い系の連絡先交換はLINEが一番?電話番号+gmailも聞き出そう

いよいよアドレス交換を了承してもらい、さて何を使うべきかですが、結論は、LINEのみのID交換は一番気軽である反面、気に入らなくなれば即ブロックされます。
一番良いのは基本、Gmailなどのアドレス+LINE+電話番号を知る事です。
一度に全部聞くのは難しいですから、LINEと電話番号までとして、仲良くなればGmailなどのアドレスも聞くことが重要です。
ケンカしてブロックされたときに、電話も出てくれない場合など、Gmailで思いを告げることができます。
LINEは手軽で、既読確認ができますが、レスポンスも気にされる可能性もあるし、忙しいひとならレスポンスも遅くなりますし既読しても内容により返信時間がない場合もあります。

相手は既読スルーと思われます。
相手のことは意外と知りません。
特に「仕事中は返信いつでもよいですよ~」などと入れるだけで印象は違います。

出会い系プロフィールの見方と書き方!地雷を踏まない為に出来ること

出会い系のプロフィールを見抜く!?

出会い系のプロフには、しっかり書く派、空欄が多い秘密派。
一番厄介なのは注意喚起派です。

注意喚起派は「私にメールをする前に、条件見て!」という内容で、歳の制限、体型、身長、私に遣ってくれるお金、顔、(写メ必須)仕事の内容など、詳しく載せています。

言い換えれば、女の子も地雷を踏んだ経験があるので、事前にブロックしようという内容ですが、そんな女の子。
あなたの容姿は?どれだけ自身があるの?というふうにも見えます。

自らの容姿などのスペックが高ければよいですが、逆にハードルを上げることにもつながります。
女の子からみてダメ男を見抜くには、会うのを急がせる男性、お金で解決しようとする男性、すぐアドレスを交換しようとする男性、すぐ写メを送ってという男性、メールが短文でコミュニケーションが取れにくい男性をサイト内のメールのやり取りで感じとり、ダメ男にはフェードアウトする方法が最もよい方法です。
プロフは条件を極力記載しないでメールのやり取りで見抜くことも重要です

出会い系で看護師と不倫関係に!妻にバレそうになり彼女の送ったLINEで別れた話

辛い別れ方の経験として

過去にやっとの思いで口説き落とし、彼女にしましたが彼女は看護師で時間が不規則ということもあり、会うのが夜間になることもありました。
そんな生活もついに妻に怪しまれ

バレる前に「会うのを自粛しよう」と言ってしまいました。
その一言が彼女を怒らせ、二度と会う事が出来ませんでした。

男が勝手な生き物で、少しでも短い時間でもあってセックスして、適当な時間で帰宅することが日課でした。
しかし、相手の女性からは、都合よく呼び出され、こころが満たされることなく、身体を許す。
そんなことを繰り替えしていると不信感が募ります。

そんな中一方的に自粛しようと告げたので相手は一気に冷めたと言わざるを得ません。
その後、失う事の喪失感がしばらく引きずります。
LINEはブロックされ、メールの返信はありません。
不倫をすることはよくはありませんが、失う恐ろしさは精神的にショックを隠し切れません。

不倫しなければよいのにと、日ごろ反省とまた会いたいと思う気持ちです。
実は、彼女の事かなり好きであったと思うのは、皮肉にも失ってからの事です。

出会い系サイトで同時にメールするのは何人がおすすめ?メールを複数送る注意点

出会い系で相手がどんな男や女とメールをかわし、そして出会っていることは相手にはわかりません。
そこで第一段階ではメールを複数送る。
反応が良い人を見つける「下手な鉄砲数打ち当たる」作戦をします。

実際に良い人をゲットしても、その人を失う事の不安感から次の人とコンタクトとります。
「フラれ保険」です。
保険をかけときゃいざフラれても次の人がいます。
そこで、保険をかけることに当たり前になりますが、次に問題が生じます。
「保険太り」なる保険を掛けた人がすべて捨てるのも惜しいと思えることになります。

最初はモテモテですが自然消滅が恐ろしいので定期的にコンタクトをとり定期的に会って食事をしたりホテルでエッチをしたりで気を遣うことになるのも、
誰もいなくなる恐怖感からです。

あまり深入りせず、着地点はやんわりと持ちゆっくり一人のひとを愛せるようにするには、

自分のスタンスを理解してもらうことです。
逆にそんな人ができるまでお友達程度でもよいと思います。
「フラれ保険」から「保険太り」そして「不安による関係維持活動」は時間もお金もかかりますのでドはまりするのは危険です。

出会い系で素人と出会うためのサイト内メールは最低10回!その理由とは?

早く、実際に出会える、好みの異性と。
この3原則は誰もが望むポイントです。
残念ながら見るところを誤るとかなり遠回りすることになります。

一つは、掲示板の投稿日です。
当たり前ですが過去の物を見ても実際にはすでに募集してないケースがあり、掲示板は削除しません。
そしてその掲示板の返信、閲覧数です。

さて、あなたは何人目なんでしょうか。
モテモテ女子から見て、あなたは25人目のメールが来ました。
しっかり内容を確認するでしょうか?

その他、目的がはっきりしている募集は、お相手のストライクゾーンを狭めています。
歳、容姿(身長など)、目的(飲みに、ランチに)などの内容はお相手の条件「受験資格」です。

狭き門であることは間違えありません。
中には、隠語を使い「私を助けてください」や「パパ募集です」などは援助交際を希望するケースがほとんどです。

成年に成りすまされ、未成年と知らず会ってしまい、お小遣いを渡したら、その場では何もありませんが、数日後に妻のいる自宅に
「ピンポーン○○警察署です!△△さん。この前ですね・・・わかっていますよね?○○さんのこと・・・・」
出会い系で稼ぐ高校生の娘に親が気づき、警察に相談、その子は補導され、サイト履歴を調べられ電話番号、自宅を特定されアウトです。

金銭渡したり、明らかに若すぎる女の子には注意が必要です。
狙い目は新人さん。
使用の仕方が良くわからず、警戒はするものの意外と簡単に会えます。

警戒をとく方法として、サイト内で最低でも10回以上はメルアドやLINE・IDなど聞かずして、サイト内でやり取りする事です。
警戒心がとけます。
なぜなら、お相手の女性の返信メールには料金がかかりません。

かからない感覚のまま、なんで「メルアドやLINE・IDを聴いてくるのか?」不思議に感じます。
男性側は返信メールに料金がかかる事は知っていても、それぐらい余裕のある人でないとであっても、細かい人に思われたり、ケチ臭いと思われます。
しっかり失敗することも大切ですが、逮捕や成果が上がらないのにポイントの課金をするのは辛い話です。

出会い系で不倫相手を探す見つけた後の現実とは?

出会いは簡単のようで難しいものです。人肌恋しくなり、パートナーに感謝しつつも

刺激がほしいものです。仕事に行って厳しい成果を求められ、飲みに行っても愚痴大会。

こんな状態で、趣味も、欲しい物もなく何となくつまらない生活でした。パートナーとの関係はセックスレス。体調不良から誘っても断られるたび、温泉に泊まりに行っても抱くことはありませんでした。風俗では心が満たされないし、お小遣いがなくなり長続きしません。そこで、出会い系サイトに軽い気持ちで登録しました。都合の良い相手いないかな・・・という軽い気持ちでした。既婚者という限定のカテゴリーで選択すると2択に分かれます。見返りを求める人。そうじゃない人。後者をもちろん選ぶもなかなかいません。最大のネックは時間が合わないことです。平日昼間ならOKである人は沢山いるのかと思いましたら以外といません。この人と思っても地域が違う!難関です。

 

目的の合うパートナー?YES→地域・移動時間?0分以内→会える時間帯?一致→年齢?許容範囲(好み)→生理的に合うか?好み→顔や体型?許容範囲→成立

 

そしてもし出会えても、切ない不倫生活を送ります。

人眼を気にしながら、噂話にビクビクしながら家族には嘘の報告をして目立たない地域でデートして、目立たないホテルでセックスして、僅かな現実逃避した時間を切ない気持ちになりながら何事もなかったかのように平然を装い帰宅します。

 

決して結ばれない、相手と結ばれない恋。

二人はゲス・ストーリー最期を迎えます。

バレない限り修羅場になったり、家庭を崩壊したりしませんが恋人と別れるより切ない物です。家庭や、パートナーを今一度感謝しセックスレスを解消する糸口が見つかれは良いと思っています。

 

 

出会い系サイト失敗する7つのミス!サクラに騙されない為に

「出会い系サイト」で失敗する7つのミス

 

逃したショック!!中途半端に恋愛していてフラれるより精神的ダメージが大きいものです。
私は男性目線で目的の詳細は抜きにして「出会い」にスポットを当ててお伝えします。

 

1、求めるものを前に出してはいけません・・・例えば、

『初めまして、突然すみません。興味ありましたのでメールしました(*^-^*)明日にも会いたいですがお時間ありますか??(*^^*)』なんてメールする人は軽く見られます。
こんな簡略的のメールではポストに入るピザのチラシと変わりません。
成功メールはとしては、「私はこんな人間(自己紹介)」「サイト内でメールのお伺い」

例では、『初めまして(*^^*)○○といって半年前に登録しました。○❤サンのプロフみて気になりました。僕は○○市内で営業してます。趣味は写真と猫caféに行くことです。サイト内でメールしても良い???ですか(*^-^*)』突然ではなく徐々に印象よく映すことです。

明日会いたくても友達に「明日遊ぼって」言って遊んでくれるのは小学生までではないでしょうか。
明日どうしても遊びたいなら【掲示板】を使い、『明日暇してます!!渋谷でランチしてくれる女子いませんか??』の方がスマートです。

 

2、個人情報をあまり聴かない・・・

まだ一度も会っていない人に自分の個人情報を教える人はいません。

あくまでサイト内で少しずつ「引く」「押す」の駆け引きをして相手の要望を探ります。
相手ももちろん出会い系に登録している訳ですから当たり前に異性(同性)を探しています。
自分を売る為には、相手を知る事です。

そのためにも、ある程度サイト内のやり取りが必要です。
「返信レスポンス」から比較的大丈夫な時間を推測する。
「短文なのか、長文なのか」短文であれば、あなたに興味がまだ少ないか。
忙しいか、答えたい質問ではないかです。長文であれば、「聴いてくれる人」あなたの印象がそうなのか、

返信する時間に限りがあるのかです。
何が言いたいかと言うと、心を開いて来たら「会話のキャッチボール」がスムーズになり、成功のサインです。個人情報のも自然に言い出します。
その情報を見逃さないで信頼関係に結びつけば、サイトから卒業です。

3、サイトメールからSNSでヤリトリをすぐ希望しない・・・

当然、サイト内でのメールは高額です。
そのメールが『よろしくです(*^-^*)』みたいな短文でも約50円かかります。
20の返信をしたら千円が吹っ飛びます。
意気投合したらメールのやり取りなんて物凄い物です。
そのメール代をケチってすぐLINEやメアドなんて聞き出したら『この人怪しい』と思われるか『お付き合いしてもお金ない人かも?』と思われます。

実際あって女の子にご飯をおごり、ホテル代も自分で出す覚悟はあるのにサイト内ですぐLINE・IDなどを聞き出すのはNGです。

4、自分のスタイルや年齢を詐称しない。

私は詐称したことはありませんが、女性と会うと詐称されたという話をよく聞きます。

40代のはずが、60代の男性が来たという笑い話もあります。
私の経験談で物凄く意気投合してLINEの交換、出会う約束、出会う前に特徴を言った時の話です。

ぽっちゃりしてますので、大げさに「ブラマヨの小杉ぐらいだよ。はげていないけどね(笑)」といいました。
私の経験談で物凄く意気投合してLINEの交換、出会う約束、出会う前に特徴を言った時の話です。
ぽっちゃりしてますので、大げさに「ブラマヨの小杉ぐらいだよ。はげていないけどね(笑)」といいました。

実際に会って小杉ほど太っていないのでギャップを見せる作戦ですが、その一言で見事に玉砕しました。「太っている人無理なんです。ぽっちゃりも・・・」と言われました。
最初から自己紹介を怠ったためです。
詐称は時間の無駄ですし、突然いいところで会えないのはショックでした。

 

5、会う前に「写メ」送って言われてしまい・・・

私が失敗したのは、若いときの写真を送りました。

思うほど変わってないしな~と思っていてもあなたは着実に歳を重ねています。

それであれば、健康的は体調の良いときにビシッと髪型をキメて勝負服を着て

自撮りしてありのままを送りましょう。実の写真とギャップがあればあってからフラれるか、合う前にブロックされます。

 

6、初日に「許し」があったと認識して・・・

初デートでその日の流れでホテルに連れ込んでセックスした経験があります。

確かに許しが無ければ犯罪です。
出会って、ホテルに行くことに許しをもらえたといったら「エッチしてもOKサイン」かも知れませんが、男は身体で感じ、女性は心で感じます。

脳の構造が全然違うのです。
男性側は、イクと最高に満足しセックスの最中に性欲が解消され、射精したあとは征服欲が満たされます。

しかし、女性側はいかがでしょうか。
男性を受けいれるため、本能的に膣に男性を受け入れる環境、精子が生きる環境になります。
つまり「濡れ」です。

心と身体が違っても女性は受け入れてくれる場合があります。
身体を許してくれたからといって女性は満足しません。
この人は私ではなくヤリ目(セックスが目的)と思われ、

急に冷める可能性があります。
できれは、心のストレッチを十分して、出会う回数、ほぐれ具合(女性が心をどれだけ開いているか)を見定めることが重要で、そろそろ一線を越えるお伺いとして優しいキスから始めるべきです。

 

7、「サクラ、援交」売春目的を見定める・・・・

サクラは妙に会話が弾み、男性側に質問をします。
見定める簡単なコツがあります。

質問されたら「住みはどちら?」と聴きます。
そうすると逆質問してきます。

「○○サンはどちらです?」と質問返しです。
実際地区ごとに区切りますから、例え東京に住んでいても札幌と答えると大体合わせてきます。
「近いから私とメールしましょう」と男性の印象をよくするのが目的です。

男性側はリードしていきますから、どんどん会えない相手にポイント購入していきます。
結局ポイントを買わせ、合う気がないのにサイト内でメールをさせる業者の仕業です。
出会い系ですから、一万円以上ポイントを使う程の会話をして出会い系の目的「出会えない」のであれがサクラと思ってよいと思います。
援助交際に合わないためには、

キーワード「私を助けてください」「パパ募集」「朝からエッチになりませんか」

まず「私を助けてください」は出会い系で何を助けるのか?
「お金の要求」です。
「パパ募集」も結婚相手を軽々しくそんな募集はしません。
おじさまより援助してほしいが本音。

「朝からエッチになりませんか」そんな女性男性の注目を集め、お金の要求をされるという話です。
しかもその3者が未成年であれば、想像したら恐ろしいです。

 

そんな失敗もしましたし、騙されたこともあります。
良い出会いになるように参考にしてみてください。